楽天銀行でフラット35を借りるときの頭金は?

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。
購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。
住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。
審査の合否は約1週間前後かかります。
金利は契約を結んだ月のものを採用します。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。
住宅を購入を考えても、実際自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。
すべての契約が終わるのはだいたい3〜4カ月後だと言われています。
住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
この保険の詳しい内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の審査は、変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
住宅の価値を重視して審査を行います。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、色々な面から審査されるそうです。